英語力アップ、TOEIC・TOEFL高得点のフィリピン留学なら満足保証エージェント「フィリピン留学ニュース」に無料相談ください。

フィリピン留学無料相談

英語学校リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラーク留学 CIP

マンツーマン1日最大5時間にネイティブ講師による授業
セミスパルタ式で1日が充実したスケジュールのCIP

CIPCIPは、アンヘレス(クラーク)に2007年に設立されました。学生定員数は120名の中規模学校で、学校は住宅街にあるため安全に滞在が可能です。CIPはセミスパルタ制の学校で、学生が自発的に勉強できるような環境が自然に用意されています。国際ビジネス資格証であるLCCIのフィリピン初の公認試験センターでもあります。学校と寮の建物が同敷地内にある一体型の施設です。外部寮は学校から徒歩5分強の距離に位置しています。食事は日本・韓国・フィリピン料理など各国のものが提供されています。ピナツボ火山トレッキングやスパ、バルーンフェスティバル、アイランドホッピングなどの週末アクティビティが定期的に開催されています。

CIPはフィリピンの他の語学学校とは異なり、アメリカ人やイギリス人のネイティブスピーカーによるマンツーマン、およびグループ授業が多く行われている点が特徴です。学生9人当たりに1人の割合でネイティブが在籍していますが、これはフィリピンの語学学校中最多の在籍率です。滞在8週間を経過した頃には、全学生の英語レベルがPre-intermediateからintermediateになっています。レベルチェックテストは月に2回行われます。通常授業は月曜日から金曜日まであり、毎日2時間の無料クラスに参加出来る他、日曜にも無料のオプショナルクラスが開催されます。CIPが提供しているコースにIntensive(ESL)コースの他、TOEIC・TOEFL・IELTSの資格試験コース、Business、そしてジュニア向けのYoung Learners’があります。

弊社スタッフのCIP訪問記

当社を通じてCIPに留学された、ダイナさんからのメッセージ

特徴

  1. 月々100時間のマンツーマン授業を提供(1日5時間受講の場合)
  2. すべてのスモールグループ授業はネイティブスピーカーによって行われ、フィリピン人講師には時に難しい発音矯正、日常表現の講義などを行うことが可能
  3. Intensive Premiumコースでは、低価格でネイティブスピーカーとマンツーマン授業
  4. 国際ビジネス英語「LCCI資格証」の取得が容易
  5. TOEIC・TOEFL・IELTSには点数保障コース(12週間)もあり

 

学校基本情報

学校名 CIP – Clark International Premier
認可 SSP  MCL-2007-180
TESDA No. 0703052022
LCCI 国際ビジネス英語公認試験センター PHIL 1002
設立年 2007年5月
住所 Lots 18 & 19, Block 37, Kamantigue St. Cutcut,
Angeles City,Philippines
電話番号 (+)63-45-8872791
学生定員および国籍 定員120名 日本、韓国、台湾、中国、ベトナム、ブラジル
(国籍比率は時期により異なる)
講師 フィリピン80人、米国10人、英国1人
日本人スタッフ 3人
学校施設 プール・ジム・バスケットボール・バトミントン・屋外休憩所
寮内設備 TV・DVDプレイヤー・冷蔵庫・エアコン・クローゼット・Wi-Fi利用可

 

コースとプログラム

一般英語を学ぶESLコースをCIPではIntensive(集中)コースという名前で運営しています。これは他校よりもマンツーマンの授業数が多く、スモールグループクラスが全てネイティブ講師によって行われ、自然と英語に触れる時間が長くなる学習環境に起因したネーミングのようです。このIntensiveコースはCIPの全コース中最も人気があり、在校生の80%以上が受講をしています。Intensiveコースには、Premium、IntensiveA、B、C、D、Start Learnerという種類があります。
CIPはロンドン商工会議所主管のLCCIビジネス英語の公認センターです。入学時のレベルが低い学生でも、滞在8~10週後にはこの資格の認定証を取得することが可能です。
TOEIC・TOEFL・IELTSコースも人気で、12週間の点数保証コースでは、確実に希望点数までUP出来るでしょう。

ネイティブ
マンツーマン
フィリピン
マンツーマン
ネイティブ
スモールグループ
Intensive Premium 4 0 2
Intensive A 2 3 2
Intensive B 2 1 2
Intensive C 1 3 2
Intensive D 1 1 2
Start Learner 0 5 2
TOEIC 0 4 2
TOEFL 0 4 2
IELTS 0 4 2
Business(LCCI) 2 2 2
Young Learners’ A 2 3
Young Learners’ C 1 4

※全コースで、無料のオプションクラス1日2コマ、日曜のオプションクラス(90分)を受講する事ができます。
※1コマ45分授業です。

CIPCIP2

 

留学費用(USドル)

コース 部屋タイプ 4週間 8週間 12週間
Intensive Premium 1人部屋 $2,320 $4,640 $6,960
2人部屋A $2,140 $4,280 $6,420
2人部屋B $2,090 $4,180 $6,270
3人部屋 $2,000 $4,000 $6,000
Intensive A 1人部屋 $1,970 $3,940 $5,910
2人部屋A $1,790 $3,580 $5,370
2人部屋B $1,740 $3,480 $5,220
3人部屋 $1,650 $3,300 $4,950
Intensive B 1人部屋 $1,800 $3,600 $5,400
2人部屋A $1,620 $3,240 $4,860
2人部屋B $1,570 $3,140 $4,710
3人部屋 $1,480 $2,960 $4,440
Intensive C 1人部屋 $1,670 $3,340 $5,010
2人部屋A $1,490 $2,980 $4,470
2人部屋B $1,440 $2,880 $4,320
3人部屋 $1,350 $2,700 $4,050
Intensive D 1人部屋 $1,470 $2,940 $4,410
2人部屋A $1,290 $2,580 $3,870
2人部屋B $1,240 $2,480 $3,720
3人部屋 $1,150 $2,300 $3,450
Start Learner 1人部屋 $1,600 $3,200 $4,800
2人部屋A $1,420 $2,840 $4,260
2人部屋B $1,370 $2,740 $4,110
3人部屋 $1,280 $2,560 $3,840
TOEIC
TOEFL
IELTS
1人部屋 $1,770 $3,540 $5,310
2人部屋A $1,590 $3,180 $4,770
2人部屋B $1,540 $3,080 $4,620
3人部屋 $1,450 $2,900 $4,350
Business(LCCI) 1人部屋  $2,170 $4,340 $6,510
2人部屋A  $1,990 $3,200 $4,800
2人部屋B $1,940 $3,980 $5,970
3人部屋 $1,470 $3,880 $5,820
Young Learners’ A 1人部屋  $2,020 $4,040 $6,060
2人部屋A $1,840 $3,680 $5,520
2人部屋B $1,790 $3,580 $5,370
3人部屋 $1,700 $3,400 $5,100
Young Learners’ C 1人部屋  $1,720 $3,440 $5,160
2人部屋A $1,540 $3,080 $4,620
2人部屋B $1,490 $2.980 $4,470
3人部屋 $1,400 $2,800 $4,200

※最短1週間から滞在が可能です。13週間以上の金額はお問い合わせください。
※上記金額には学費、滞在費、食費が含まれています

 

その他の費用

弊社へ支払い 入学手続き金 0ドル 3週間以下は100ドルです
お申し込みより1週間以内にお支払いください
海外送金手数料 2500円 弊社より学校へ送金する際に必要な手数料です
空港ピックアップ 50ドル 不要の場合はお知らせください
クラーク空港の場合20ドル
学校へ支払い SSP 6500ペソ フィリピンの学校で勉強する場合、取得義務付けられているものです。有効期限は半年間です。
ACR I-Card 3000ペソ 外国人用の身分証明証です。60日以上滞在する場合は発行しなくてはなりません。
VISA延長費用 右記参照 30日以内の滞在:手続き不要(日本国籍の方)
59日(8週間)まで:3530ペソ
89日(12週間)まで:4800ペソ
119日(16週間)まで:3030ペソ
149日(20週間)まで:3030ペソ
179日(24週間)まで:3030ペソ
電気代 1000~1700ペソ 4週間単位
水道代 150ペソ 1週間単位
教材費 右記参照 受講する授業により異なります。1冊150~500ペソが目安
寮保証金 3000ペソ (破損なしで)退去時に返却

 

入学規則および対象者

TOEIC・TOEFL・IELTS・LCCIコースの点数保障コースを希望の場合は12週間の登録が必須であり、CIPが設定しているテストに合格しなければなりません(pre-intermediateレベル以上のレベルがも求められます)
CIPの対象学生は主に成人ですので、児童が通うYoung Learners’コースには定員数があります。寮はすぐに満室になってしまう人気校であるため、空室の問い合わせは少なくとも滞在開始日の1~2ヶ月前に行うようにしてください。
マニラ空港もしくはクラーク空港に30日間のビザ無し入国をした後に、現地でSSPとビザの延長手続きを行ってください。入学前の海外旅行保険の申し込みをおすすめしています。

 

施設

講義棟と同敷地内の内部寮の他、学校から徒歩5分の位置には外部寮もあります。内部寮は2つあり、新しい方は2011年にできたばかりで真新しいです。各部屋にはシャワーとお手洗い、冷蔵庫、棚が備え付けられており、新築寮には更に無騒音エアコン、フラットテレビがあります。
敷地内にはプールとジム、屋外休憩スペース、ラウンジ(売店)、卓球台、ビリヤード台があります。寮の各部屋では無線インターネットを使用することが可能。
マンツーマンの講義室は他校に比べて大きいです。

ここをクリックすると学校の様子が見れます

 

学生サービスおよびアクティビティ

授業変更は毎週可能です。単純な授業変更に加え、コース変更やフィリピン人のマンツーマン授業をネイティブスピーカーに変更(追加料金要)することも可能です。掃除と洗濯、ベッドシーツの交換は無料サービスです。
クラーク/アンヘレスの主要モールであるMarquee・SM・Nepoというモール行きのシャトルバスがそれぞれ毎週運行されています。月曜日から金曜日までは近郊のジムとゴルフ場へ向かうシャトルバスもあります。体調がおもわしくないなどの学生がいる場合は学校マネージャーが迅速なケアを行います。食事は各国(韓国・日本・フィリピン)の料理が提供され、日本人学生の評判も上々なようです。
CIPでは12週間のローテーションアクティビティのスケジュールを組んでいます。ピナツボ火山トレッキングや近隣の村アエタへのボランティア活動、アイランドホッピングなど、週末に希望者を募り催行されます。学校主催のものも盛んですが、学生が各自で旅行を計画することも多いです。

 

評価

なによりの特徴はネイティブスピーカーの人数がフィリピンの語学学校のなかでは圧倒的に多いことです。セミスパルタ式で運営され、授業数は1日最大9時間に及び、IELTSやTOEIC・TOEFLなど各種検定への取り組みも盛んです。フィリピンで唯一LCCI(ビジネス)のコースを提供している学校という強みもあります。
多くのカリキュラムを有し、各人の目的に合わせた授業時間・内容を選択することができますので、どんな希望にも比較的柔軟に対応が可能です。レベルチェックテストは月に2回行われ、TOEIC模試なども定期的に行われています。
講義室や寮の部屋の広さは充分で、施設も充実していますし、周囲にショッピングモールがあるため生活にそこまで不自由を感じることはありません。リピーターや期間延長をする学生が多いことが、学校の満足度を示しています。

 

登録および払い戻し規則

  1. ご相談は無料です。フィリピンの語学学校は学校寮への滞在となるため、お申し込み時に寮の空室確認が必要となります。まずお問い合わせください。
  2. フィリピン留学ニュースには「学費後払い(アフターペイ)制度」という、学費を留学終了後にお支払いいただけるシステムがございます。ぜひご利用ください。
  3. お申し込みのキャンセルなどは学校規定に基づきます。詳しくはお問い合わせください。

無料留学相談:今すぐお問い合せする


CIPで語学留学後、カナダへ2カ国留学した学生

クラークCIP動画をもっと見る。

 

Tagged , , , ,

関連記事リスト

フィリピン留学相談

ご意見を書いてください。

フィリピン留学ニュース on Facebook
フィリピン留学ニュースGoogle検索
Contact
• 本社 : 福岡県久留米市中央町13-16
電話 : 050-5806-7066
skype : ryugaku-news
東京カウンセリングルーム: 渋谷
福岡カウンセリングルーム: 天神
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へにほんブログ村 英語ブログへ