英語力アップ、TOEIC・TOEFL高得点のフィリピン留学なら満足保証エージェント「フィリピン留学ニュース」に無料相談ください。

フィリピン留学無料相談

新着情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン航空券!航空会社の選び方

航空会社を選ぶのは、留学手続きのほぼ最終段階に入ります。
学校を決めて場所が決まったら、航空券購入手続きをしましょう。

ここでは、フィリピン行きの航空会社の選び方をご案内します。

フィリピンは島国です。空港もたくさんあります。
マニラから行くのか、セブからか、他にも空港はありますが、大抵の方はこの二つの空港のどちらかから入国することになります。

では、日本の出発空港と航空会社ですが・・・

東京・成田国際空港
フィリピンエアライン(PR)
JAL・日本航空(JL)
ANA・全日空(NH)
デルタ航空(DL)

大阪・関西国際空港
フィリピンエアライン(PR)
セブパシフィック航空(5J)

愛知・中部国際空港(セントレア)
フィリピンエアライン(PR)
デルタ航空(DL)

福岡空港
フィリピンエアライン(PR)

上記の空港から、上記のエアラインがマニラまで飛ばしています。
ちなみに、セブへの直行便は、成田からフィリピンエアラインが唯一飛ばしています。
色々あって迷う所ですね。
でも気になるのはやっぱり金額!!
では実際に検索して金額を比べて見ましょう。

今日から10日後に出発するという設定で検索してみます。
行き先はマニラ(ニノイアキノ)空港
4週間の滞在ということで検索してみました。

フィリピンエアライン
http://jp.philippineairlines.com/home/home.jsp
※予約は英語サイトしか出来ないので注意。

【マニラへ】
成田便  111520円
関空便  93250円
名古屋便 103100円
福岡便  101545円

【セブへ】
成田便  121640円

日本航空
http://www.jal.co.jp
成田便  143140円

全日空
https://www.ana.co.jp
成田便  80540円

デルタ航空
http://ja.delta.com
成田便  69540円
名古屋便 70500円

セブパシフィック航空
http://www.cebupacificair.com/web-jp/index.html
関空便  49608円

※全ての料金は、空港利用料・燃油サーチャージ込みの金額です。
利用する空港により利用料は違いますし、燃油サーチャージも時期により変動しますので、この金額で毎回予約出来るという訳ではありません。2011年10月1日現在の価格です。

どうでしょう?
一目瞭然ですね。
セブパシフィックが安い!!

セブパシフィックという航空会社は、いわゆるLCC(ローコストキャリア)なんです。
簡単に言うと、コストを下げてる会社。
シートピッチ狭い、機内食なし、食事なし、毛布なし。徹底的にコスト削減。。。
預け荷物は15キロ以上は有料。座席指定も有料。
別料金払えば食事も毛布も出ます。

ということで、フィリピン留学に来られる方は、圧倒的にセブパシフィックが多いです。
ただ大阪からしか飛ばしていない・・・というのがやや難ですね。
たとえば、札幌からとか沖縄からフィリピンへ。という場合は、日系の航空会社は国際線航空料金プラスほんの少しの金額を上乗せすれば、国内線も乗れてしまいます。
なので、一概にセブパシフィックが安いとは言えません。
遠方になればなるほど、日本の航空会社を利用した方が良い傾向にあります。

デルタ航空は、アメリカの航空会社ですが、日本⇔フィリピン間を飛ばしています。
デルタは、成田・名古屋空港で以遠権を持っているので運航できるのです。
アメリカから飛んできた飛行機を成田や名古屋を経由してアジア各国に運航しているので、日本・フィリピン間のフライトは、時間帯に少々無理があります・・・。

航空会社選びのアドバイスも行なっておりますので、ぜひお問い合わせください。
以下のリンクからも最安値の航空券が検索出来ます。


Tagged , , , , , , ,

関連記事リスト

フィリピン留学相談

ご意見を書いてください。

フィリピン留学ニュース on Facebook
フィリピン留学ニュースGoogle検索
Contact
• 本社 : 福岡県久留米市中央町13-16
電話 : 050-5806-7066
skype : ryugaku-news
東京カウンセリングルーム: 渋谷
福岡カウンセリングルーム: 天神
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へにほんブログ村 英語ブログへ