英語力アップ、TOEIC・TOEFL高得点のフィリピン留学なら満足保証エージェント「フィリピン留学ニュース」に無料相談ください。

フィリピン留学無料相談

新着情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

マニラC21 フィリピン大学進学プログラム

フィリピンの有名大学のほとんどは、メトロ・マニラに位置しています。C21英語学校は、目の前にフィリピン最高の私立大学であるアテネオ大学、フィリピン最高の国立大学であるフィリピン大学(UP)、名門女大ミリアム大学がある教育都市ケソン市にあります。C21英語学校フィリピン大学進学プログラムは、長年、大学進学のノウハウと有名大学出身の講師陣と体系的プログラムで、フィリピン大学進学を願う方達の為のプログラムです。

C21のフィリピン大学進学プログラム目標大学
C21授業構成

フィリピン大学入学後、大学生活の際必要な基本的な英語実力向上の為にESL中心とする授業とフィリピン大学入学に必要なフィリピン大学記述問題を解くMSA 授業を並行して行います。
MSA授業は(マンツーマンで進行)、MSA1(MSA1時間)、MSA2(MSA2時間)、MSA3(MSA3時間)コースで構成されています。

マンツーマン4時間+グループ2時間+英作文1時間+夜間授業2時間(選択)=合計9時間

C21では、学生本人の実力・希望する学科により志望大学を相談し、試験情報及び日程等、学生達が大学入学へ必要としている情報を提供しています。

フィリピン大学教育制度

フィリピンは、600余りの総合大・単科大で構成され、フィリピン有名大学達は全てフィリピンの首都であるメトロ・マニラに位置しています。主に2学期制になっています(3学期制の学校もあり)。夏季学期を申請すると早期卒業も可能です。

  • 学制 : 2学期制(稀に3学期制)
  • 入学時期 : 1学期受付は1月~2月まで、学期は6月∼10月まで。2学期受付は7月~8月まで、学期は11月∼3月まで。受付時期は学校によって変わり、随時募集を行う学校もあります。
  • 入学試験 : 数学・英語・科学・インタビュー・IQテスト(学校による)

フィリピン大学の特徴

フィリピンの大学の場合、名門大学を除けば、卒業に比べ入学は難しくありません。しかし、フィリピンの大学は欠席3回で失格。3科目以上失格の際は退学処置をされるため、大部分の大学は入学は簡単でも卒業する事がとても大変です。
よって、フィリピンの大学を準備する時、入学にだけ焦点合わせ勉強をすることより、入学試験と同時に大学生活の際必要になる充分な英語実力を整えれるように努力しなければなりません。

フィリピンの大学卒業後の進路

フィリピンの大学を卒業する程度になると、英語の実力は充分上位レベルになります。それと共にフィリピン内にある企業、またはフィリピンと関連する事業をしている会社に就職する為に、フィリピンの言語であるタガログ語も一緒に学んでおけば就業の手助けになります。フィリピンの大学卒業後、他の国で大学院進学や編入の為にTOEFLも100点以上取っておくと良いでしょう。

  • 就業 : フィリピン内日系企業・外資系企業・フィリピンの会社
    : 日本で日本企業
  • 進学 : フィリピンで大学2年就学後、アメリカ・カナダ・オーストラリアなどの先進国での編入
    : フィリピン大学卒業後、日本やアメリカ・オーストラリア・カナダなどの大学院進学

 

 

C21の学校詳細情報は以下のURLよりご参照くださいませ。
http://philippines-ryugaku.com/manila-c21/

Tagged , , ,

フィリピン留学相談
フィリピン留学ニュース on Facebook
フィリピン留学ニュースGoogle検索
Contact
• 本社 : 福岡県久留米市中央町13-16
電話 : 050-5806-7066
skype : ryugaku-news
東京カウンセリングルーム: 渋谷
福岡カウンセリングルーム: 天神
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へにほんブログ村 英語ブログへ